スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろなクレマチスが咲き出しました。

ちょっと彩度高めでお送りいたします。

▼フェンスに絡む…というより覆いかぶさる感じの常連クレマたち
02030003.jpg

赤いのが「マダム・ジュリア・コレボン」
青いのが「アフロディーテ・エレガフミナ」
白いのはバラ「つるサマースノー」


▼大好きな黒っぽいクレマチス「ロマンチカ」
02030002.jpg



▼ひらひらフリルのエクストラ
02030001.jpg

色は淡いむらさき。ウェービーな花びらが上品な感じのクレマチスです。


▼憧れのアンドロメダも咲きました。
02030006.jpg

でも、八重じゃないのでジュビリみたいなのですが。


▼プリンス・チャールズ
02030004.jpg

クレマチスの中では最も水色に近いというのを何かで見て買ったのだが、水色というよりは薄紫という感じ。
かわいい色なのでいいんだけど、同じく水色のクレマとして知られるペルル・ダジュール買ってみるべきだろうか…と思案中です。

▼わかりにくい写真だけど、右上の方にベル型に咲いているのがベティ・コーニング。
02030005.jpg


今年は高い所で咲いたせいかあまり香りを感じません。すっごくいい匂いなんだけどね。



スポンサーサイト

つるバラ「ヴァイオレット」が壁に這ってます。

▼2年目を迎えて本格的に這いだしましたよ~
02010004.jpg

日陰でもOKの初心者向けクライミング…ってことは知らずに、色が気に入ったというだけでダーリンが買ってきたヴァイオレット。

虫食いで葉っぱがほとんどないのはトホホですが、「花が目立っていいよね」と前向きな庭主なのでした。

庭友さんのお宅へ

▼美しい芝のエッジも見事なMさんのお庭
100_0654.jpg


今日はいろんな偶然が重なってお知り合いになり「庭友だち」になったMさんのお宅へお邪魔してきました。
わたしと違って、とっても几帳面でちゃんとした方であるMさんのお庭は、やはりすごくきれいで「ちゃんとしたお庭」なのです。

「バラを無農薬で育てるのって大変ですよねぇ~」と語り合うものの、
わたしの言う大変とは「思い出したときに木酢液をまいてるけど、葉っぱは虫食いだらけで大変」という意味だけど、
Mさんの場合は「一週間に一度は必ず木酢液をまいているけど、無農薬で完璧な防除をするのは難しいですね」という意味なのです。

実際、そんなことを語る彼女の横には、初夏の太陽のもとキラキラピカピカした美しいバラの葉っぱが輝いているのですから。

Mさん、すごいです!!

そしてもう1つ驚いたのが、去年の初夏に挿し木したクレマチの苗に、もうすでに今年花が咲いていたこと。
うちでは、どれも翌々年にしか花は咲かないのに…

そして、わたしたちはそのクレマチスをちゃっかり2苗もいただいて帰りましたとさ。
Mさん、ありがとうございました。

▼こちらも去年挿し木にした「ピエール・ド・ロンサール」。
なんと立派に咲いてるのでしょう!
100_0655.jpg


須磨離宮公園のバラ

100_0651.jpg


神戸市立須磨離宮公園にバラを愛でに行ってきました。
ここは立派な噴水を中心に180種4000株が植えられた欧風庭園です。
それにしても、葉っぱには虫食いも病気もまったく見られない…う~ん、うちのバラたちとは偉い違いだ。


▼プロの作るアーチ
100_0643.jpg


アーチにうまいこと花が張り付いてる、さすがです。


▼黒い!ザ・プリンス
100_0644.jpg

初めてザ・プリンスの実物をみた。
本やネットで見ると、うちにあるトラディスカントと「瓜二つ」に見えるのだが、実物を見てみるとザ・プリンスの方が黒いなぁ。
元来は黒好きなのだが、濃いピンクを帯びる「トラディスカントの方が好き♪」と思うのは、他のどの子よりうちの子がかわいく見える「親ばか」的感覚なのかな。


▼気になる黒バラ「ロサ・モエッシー」
100_0645.jpg


この垂れた感じがかわいい。ちょっと欲しくなった。


まつおえんげい(京都市西京区)

▼入ってすぐのところに怒涛のクレマチス売り場。いきなり大興奮!
100_0639.jpg


▼店の奥にあるビニールハウスもまるごと全部、クレマチス売り場!!
100_0641.jpg


▼場所・・・京都京都市西京区大枝西長町3-70 ※くわしくは、まつおえんげいHP

▼おすすめポイント
バラとクレマチスとクリスマスローズの豊富な品揃え。ネットやカタログ通販でしか見かけない珍しいものも多数ある。やっぱり実物を見て選べるのはうれしい。苗の管理もしっかりしていたし、お店の人も気さくで親切な感じだった。


去年ぽんちゃんにチラッと教えてもらってからずっと興味があった「まつおえんげい」に言ってきた。
ここは、バラとクレマチスとクリスマスローズの品揃えに力を入れている園芸店みたいで、今はちょうどバラとクレマの季節ということもあってか、その品揃えの豊富さはスゴイの一言に尽きる。

興奮しすぎてバラ売り場の写真を撮るのを忘れたが、クレマチスよりさらに売り場面積が広く、定番はもちろん、聞いたこともないようなバラもたくさん売られていた。

ダーリンは、つぼ型のクレマチスを探していたので、そこらの園芸店ではお目にかかることのないストロベリーキッスなどがふつ~に並んでいるのを見て大興奮だった。
結局「キングスドリーム」を買っていた。

わたしは「ただついて行くだけ」と思っていたのだが、見ればどうしても欲しくなるもので、結局シンベリン(ER)を買ってしまった。へへへ。

関西在住のコレクターさんは、京都観光のついでにでもぜひ一度足を運んでおくべきかも。

意表をつく置物

町歩きをしていておもしろいのは、それぞれのおうちの価値観みたいなものが、庭や軒先に現れているところ。それぞれに微妙に異なる味があってとてもおもしろい。

▼むむ?あの青い物体は…
立派な門構えの整然としたおうちです。

玄関前に青い物影。何やら怪しいオーラを放っている。
結構大きくて高さは1メートル近くありそう。

よ~く見てみよう。

       ↓


え、怪獣?…というよりティラノサウルスか?
ガオ~

とてもよくできている。しかしなぜ玄関ポーチに??
ここのおうちの方の価値観、計り知れない。あっぱれです。

街角で意表をつくものに出会ったときの驚きと興奮は、だいたい500円玉を拾ったときと同じぐらいのレベルだと思う。

囚われ植物

最近太り始めたことを気にし始めたダーリンを連れ出し、隣町の高砂市曽根町へ町歩きに出かけた。
曽根町は、格子戸などを配した古い住宅などが残っている地域で、細い路地もたくさんあって町歩きには持ってこいの場所だ。

ダーリンの目的は歩いてカロリーを消費し、基礎代謝を上げること。
わたしの目的は、古い町並みを見て回ることと、もちろん!植物の路上観察!!
いろいろウヒヒという収穫はあったが、まずは「囚われ植物コレクション in 曽根」から。

▼おそらく「シャキッとしろ~」などの教育的指導目的で囚われている更生施設系
ま、園芸の基本ですね。
ダラダラせずにシャキッと!


奔放な子によく使われる「束ね更生法
列を乱すものは許さん~~!




▼ひっそり目立たないところで…
日陰で囚われているというだけで、同情も倍増。
逃げ出すチャンスはあるか?




コレクター系収容所
直径6~7センチほどの素焼鉢に小さなランと思しき苗が整然と!
仲間が一緒だからか、丁重な扱いを受けているからか悲壮感はない。
一見収容所風ですが…



▼謎の矯正ギプス
一見自由度が高そうだが、活動範囲をそれとなく限定されている軟禁系
手づくり感には愛も感じられる(ってほんと?)
あんまり囚われてる感じしないか…


お!ここにもある。この地区限定の流行りか?
陽気な囚われ者たち



▼これぞ真正の囚われ植物!なにしろカギつき!
カギまでついてるよ~

犬小屋に囚われているのは、軒下園芸の定番「アロエ」「金のなる木」など。
ある意味ワンちゃん同様のかわいがり方をしているともとれる。もしかして、目を離すと逃げ出すとか?



▼深窓の令嬢風
さびしげな視線を投げかけているような気がしないでもない。

店を畳んだ様子の古いたばこ店か何かのショーウインドーに赤いバラ…と思いきや造花でした。
ぽつんと造花って…寂れた感じを少しでも華やかにするつもりだったのかもしれないが、明らかに逆効果だと思う。

プロフィール

ひこうおに

  • Author:ひこうおに
  • ここは小さな庭の愉しみのバックヤードです。
    記録ページなので見づらいこともあると思いますが、お許しを!

ブログ内検索

カテゴリー

おすすめ


◆クレマチス・メアリーローズ

コメリ産直市場のクレマチス 156種類!

最近の記事

最近のコメント

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

ブックマーク

私的なメモみたいなものですが、よかったらのぞいてみてください。

月別アーカイブ

Copyright © ひこうおに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。